葉酸サプリおすすめ特集.com
葉酸サプリおすすめ特集.com > 妊活体験談を赤裸々告白! > つわりがひどくて、産婦人科で点滴することになりました。

つわりがひどくて、産婦人科で点滴することになりました。


妊娠中に一番辛かったことは「つわり」です。

妊娠が発覚した翌週の妊娠6週目には吐き悪阻の症状が進行していて、すでに体重がマイナス5キロになっていました。

吐き悪阻は正直本当につらいです。

私の場合は妊娠12週目までつらい吐き悪阻が続き、13週目以降に落ち着いて行きました。

妊娠9週目からは重症妊娠悪阻で2週間の入院もすることになりました。

妊娠6週目から食欲が低下しました。

7週目以降はほとんど食べられるものがなくなりました。

仕事が忙しい時期で、土日も仕事にかり出され立ち仕事や寒い場所での仕事がとにかくつらかったことを覚えています。

脱水症状が出ていたので、仕事が早く終わる時には産婦人科へ点滴をしに通いました。

 

産婦人科で点滴を射つために通院

500ミリの点滴を1時間半ほどかけて入れていきます。

点滴は匂いもあるので吐き気が増し、病院を後にする時には車の中で吐いていました。

8週目の終わりには水すら受け付けなくなっていました。

水を飲むとすぐに吐いてしまい、尿も1日少し出るか出ないかという状態。

入院できる病院を紹介してもらうとすぐに重症妊娠悪阻で入院することになりました。

入院が決まった時は、ケトンという値が4+で最高値でした。

体重も妊娠前から-8キロになり、血管が細くなっていたため点滴の針も刺さらないような状態でした。

ベッドの上にいることもつらく、トイレに吐きに行くことも困難で1日中吐き気と闘っていました。

絶飲絶食で点滴治療だったので、毎日2リットル以上の点滴を打ちました。

お風呂は4日に1回シャワーを浴び、それ以外はタオルで体を拭いてもらっていました。

2週間経つ頃にはケトンは+3ありましたが、吐き気は収まっていき、病院食が食べられるまでに回復していました。

つわりには必ず終わりが来るという話は本当でした。

 

 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓