葉酸サプリおすすめ特集.com
葉酸サプリおすすめ特集.com > 葉酸は妊活スタート後にすぐ摂取しないといけない理由とは

葉酸は妊活スタート後にすぐ摂取しないといけない理由とは

Pocket

「葉酸は妊娠前から飲んでいいの?」と、YAHOO!知恵袋などで質問されている方が多いです。

答えはもちろん「OK!」となります。

というか、こちらの記事でも書きましたが、葉酸は妊娠前から摂取することを厚生労働省や農林水産省も推奨している栄養素です。

葉酸が不足することで発症する可能性がある症状は下記のものがあります。

 

◆神経管閉鎖障害

発症率は1万人中6人なので0.06%と言われています。
先天性の脳や脊椎の癒合不全のことで、妊娠3~4週頃に神経管がうまく形成されないことが発症原因の一つとされています。
妊娠初期の葉酸不足により発症リスクが高くなります。
神経管閉鎖障害には下記の2つの症状があります。

 

・二分脊椎症

神経管の下部に閉鎖障害が起きた場合に発症する症状です。
具体的な症状は、「下肢の運動障害・麻痺・変形」や「膀胱・直腸の障害による排泄障害」などです。

 

・無脳症

神経管の上部に閉鎖障害が起きた場合に発症する症状です。
脳の一部か大部分が欠如するとなり、体は成長しても頭部がほとんど形成されない状態になります。
発症した赤ちゃんの75%は死産となることも多く妊娠中に診断が可能であることから、「無能症」と診断された場合は人工妊娠中絶手術などを選択することも多いです。

 

神経管閉鎖障害は遺伝要因なども含めたいろいろな原因による複合的なものであり、その発症は葉酸を摂取するだけで完全に予防できるものはありません。

しかし、一定量の葉酸を継続して摂取することで発症リスクを低減できることが、諸外国の疫学研究の結果から得られていいます。

そのことからも厚生労働省では、妊娠前からの葉酸摂取を推奨しているのです。

妊婦の葉酸摂取量は1日に480μgとされています。

通常の食生活から摂取できる葉酸も含めての摂取量となるので、どの食材でどれくらいの量を食べればいいのかはこちらのページ(葉酸を多く含む食材と効果的な摂取方法について)を参考にして下さい。

 

結論からいうと、規則正しく推奨量の葉酸を摂取するには、葉酸サプリを活用することが無理なく続けられる方法となります。

毎日の規則正しい葉酸摂取を続けるためにも、厚生労働省では葉酸をサプリメントで摂取することを推奨しています。

葉酸サプリメントを飲むタイミングとしては、妊娠する可能性のある1ヶ月前からの摂取を推奨しています。

ということほ、妊活をスタートするのと同時に葉酸サプリメントで葉酸を摂取し始めるのが正しいタイミングと言えます。

妊娠前から葉酸サプリメントで摂取することで、神経管閉鎖障害のリスクを低減することが可能となります。

 

*参考サイト
二分脊椎症とは | 日本二分脊椎症協会
神経管閉鎖障害

 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket