葉酸サプリおすすめ特集.com
葉酸サプリおすすめ特集.com > オススメの理由 > 葉酸の必要性と厚生労働省による指導

葉酸 厚生労働省


生後2ヶ月の赤ちゃん

厚生労働省が葉酸の摂取に対してガイドラインを作ったのは、妊娠初期の胎児に多いとされる神経管閉鎖障害に関してこの病気の発症率が低い国の特徴として葉酸の摂取が多いということがあります。

そのために厚生労働省はリスクを減らすための措置として葉酸の摂取を推進することになりました。

1日に必要な摂取量は0.4ミリグラムとされていますが、これを食事から摂取するためにはほうれん草を200グラムも摂取しなければならないとされています。

妊娠初期には食事以外のサプリや健康食品から摂取をすることが推奨されていて、妊娠をこれから希望する女性や妊娠中には健康な赤ちゃんを産むために積極的に葉酸を摂取するように呼びかけています。

 

サプリメントから葉酸摂取が推奨される理由

サプリメントからの摂取が推奨されている理由としては、葉酸が体に吸収されにくい成分であることや熱や水分に弱いので調理をする段階で組織が壊れてしまって体に吸収できないことがあります。

妊婦が野菜を積極的に摂取したとしても調理方法を間違えていると葉酸不足になって胎児の健康に悪い影響がでるリスクが高まるので、安定して摂取ができるサプリメントの利用が呼びかけられています。

また妊娠の初期の段階ではつわりがひどくて食欲が出ない日もあるので、栄養不足になることがありますが、サプリメントから摂取していると栄養不足になるリスクを低下させることができます。

また葉酸サプリは健康をサポートするためにビタミンやミネラルが配合されているものが多いので、総合的に妊婦の健康をサポートすることができます。

注意点としてはタバコや飲酒によって栄養素を摂取しても不足してしまうことがあるので、アルコール摂取や喫煙は胎児に対する健康リスクになるので、控えなければなりません。

 

 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓